脳梗塞を予防して健康生活|NO梗塞HPPYライフ

サプリを飲む女性

夏場は注意

脱水症状も要因の一つ

脳梗塞は血管が詰まることが原因で発症する病気で、主に普段の食生活や生活習慣が原因で発症しますが、脳梗塞になりやすい季節もあると言われています。その季節というのが夏で、夏場は汗をかく為水分補給が必要となりますが、知らずのうちに体内の水分が不足してしまうこともあり、気付かないうちに身体が脱水症状を引き起こしている場合もあります。身体の水分が不足してしまうと、体内の血液もスムーズに流れなくなり、結果的に血栓ができやすくなると言われています。脳梗塞は血栓ができて体内に酸素がうまく行き渡らなくなって引き起こる為、夏場は特に脳梗塞が発生しやすい時期と言われています。特に梅雨が入った時期の6月から真夏の8月頃は注意が必要です。

血圧の低下が要因

夏場に脳梗塞が発生しやすい理由のもう一つが、血圧の変化で、暑くなると体内にこもった熱を体外に放出しようとしますが、体内に熱を出す場合血管が拡張し、血圧が低くなると言われています。血圧は血流とも大きく関係しており、血圧が下がることによって血流の流れる速度が低下し、血栓ができやすくなってしまいます。身体に熱がこもりやすい夏場は脱水症状と血管の拡張が発生しやすくなる分脳梗塞の可能性も高くなるといえます。夏場の予防策として、できるだけ水分をこまめに補給し、特にアウトドアシーンではできるだけ日陰で過ごす時間を増やす、帽子や日傘で日差しを予防することが大切です。夏場の予防策に関しては、脳梗塞に関わらず日射病や脱水症状を防ぐことにもなるのでできるだけ当たり前の予防策として心がけておくことが重要です。